おいしい青汁決定戦!各青汁の紹介、比較コンテンツを掲載しています。自分に適した青汁を見つけましょう。

おいしい青汁ランキング!みんなが選ぶ青汁はコレ

美容対策

デトックス効果の高い青汁選びの3つのポイント

投稿日:2017年8月2日 更新日:

体の毒素や老廃物を体外へと排出し、たまらないようにするデトックス。デトックス効果のある食べ物や飲み物、マッサージに入浴方法などが近頃話題ですね。

「最近やたらと疲れが抜けないなあ」という人は、体の中に毒素や老廃物が溜まってしまっているかもしれません。私もやたらと疲れて、寝ても寝ても疲れがとれないということがありました。そんなとき、デトックスについて知ったんですよ。

デトックス効果のある飲み物と言えば、青汁も挙げられていますね。私が実際にデトックス効果のあるものとして試したのも、青汁でした。そこで、デトックス効果の高い青汁選びのポイントを3つ紹介します。

ポイント1:成分から選ぼう

青汁選びのポイント1つ目。成分から選ぶということです。

デトックス効果には食物繊維!

青汁のデトックス効果といえば、食物繊維。

食物繊維は腸の中に溜まっている老廃物を便として出してくれるんです。食物繊維というのは、胃のはたらきで消化されない栄養素。

胃で消化・吸収されることによって、栄養素は小さくなって腸の中を流れていきます。でも、腸はとても入り組んでいるもの。たまにどこかに引っかかって、隅のほうに老廃物が溜まってしまうんですよ。食物繊維は大きなまま腸の中を流れていくことによって、隅のほうに溜まってしまった老廃物を掃き出して、一緒に便として出してくれるんです。

だから、特に食物繊維が豊富な青汁を選ぶようにするのがまず1つ目のポイント。ケール・大麦若葉・明日葉の食物繊維量はどっこいどっこい。とびぬけて多いということはありませんが、ケールが特に多いですね。

カルコン

明日葉にのみ含まれている成分があります。それが、カルコンです。このカルコンという成分はとても強い抗酸化作用を持っています。

活性酸素のはたらきによって血中のコレステロールが酸化し、血管壁にはりついて血液の流れがドロドロになるのを防ぐんですね。そうして血液をサラサラにして、代謝を促進、そもそも毒素が溜まりにくい体にしつつ、発汗などを促して毒素を直接出すはたらきにも繋がっています。

カルコンが含まれていることに重点をおくなら、明日葉しかありませんね。

ポイント2:飲みやすさで選ぼう

青汁は続けることによって高い効果を得ることができるもの。続けられるように、自分が「飲みやすいと思えるもの」を選ぶのも大切ですよ。

飲みやすさランキング

ケール、明日葉、大麦若葉の中でどれが一番飲みやすいのかを説明します。

まず1位は、明日葉。
2位に大麦若葉、3位にケールです。

青汁=渋い、苦いというイメージがあるかと思いますが、このイメージを作ったのがケールの青汁。明日葉はケールよりもかなりすっきりとした味わいです。渋いというよりは、すっきりとした苦味を感じられるような味。ピーマンを問題なく食べることができる人なら、飲みやすいでしょう。

ピーマンより渋みと苦味があり、ゴーヤよりは渋みが少ないですよ。大麦若葉は中間ですね。

飲みやすさをプラス

明日葉などの比較的飲みやすい青汁を選んだとしても、まだ飲みにくいということがあるでしょう。そういうときにはレモン汁を一滴たらしてみるのがおすすめですよ。レモン汁は酸味の強いもの。酸味と苦味は打ち消しあうものなので、苦味が中和され、薄れます。

酸味が酸性で苦味がアルカリ性だと思っていただければわかりやすいですね。明日葉を選んでレモン汁をたらしてみたり、飲みづらいケールを選んでレモン汁で飲みづらさをカバーしたりすることもできます。

ポイント3:成分表示を見る

3つ目のポイントは、成分表示を見て選ぶということです。成分表示で見るべきところは、何がどれくらいの割合含まれているかどうか。ケール100%や明日葉100%など、割合が書かれています。

そのパーセンテージが高いほうが高いデトックス効果を期待できますよ。野菜の中でも特に栄養価が高いのがケール・明日葉・大麦若葉の3つ。他のものと混ぜるよりも100%のほうが効果は高くなります。ただ、パーセンテージが下がれば下がるほど飲みやすくなるもの。

飲みやすいものでも、他にどんなもので栄養を補っているかをチェックするのが大切ですよ。そうしてチェックして、本当に自分に合ったものを選びましょう。それが、高いデトックス効果を期待できる青汁の選び方です。

-美容対策

Copyright© おいしい青汁ランキング!みんなが選ぶ青汁はコレ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.