おいしい青汁決定戦!各青汁の紹介、比較コンテンツを掲載しています。自分に適した青汁を見つけましょう。

おいしい青汁ランキング!みんなが選ぶ青汁はコレ

ふるさと青汁

ふるさと青汁には農薬の心配なし?無農薬で安全な青汁なのか調べてみた!

投稿日:

「青汁を飲んでみたいけど、どれがいいのか良く分からない」

という人、多いはず。
確かにどれも似たような緑色のパッケージで、似たり寄ったりの効果が書かれている事が多いので、迷ってしまうはず。

どうせ似たような効果だから安い青汁でもいいかなと思った人、その考えは超危険!

安い青汁には農薬が使われている場合もあり、商品の安全性がわからない物があります。

後悔先に立たずという言葉があるように、安い青汁を飲んで、体に悪影響があってからでは遅いんです!

そのため、飲んでも安心・安全な青汁を選ぶ必要があります。その基準を満たしている青汁が、今回ご紹介する『ふるさと青汁』。

ふるさと青汁は飲んでも安全と言われていますが、それは本当なのか調査してみました!

安全な青汁を選ぶ4つのポイントをご紹介!

安全な青汁って、農薬の使われているかどうかも重要ですが、他にも気をつけたいポイントというものがあるんです。

そのため、安全な青汁を選ぶときには次の4つのポイントに注意してみましょう!

その4つのポイントを守っている青汁を選ぶことで、安全性の高い青汁を買う事ができます。

農薬を使っていないか

農薬の全てが悪いわけではありません。
使っても問題がない農薬ももちろんあります。害虫を駆除する薬などは一般的でよく使われています。

しかし、農薬の種類によっては、使いすぎると人に悪影響を及ぼすものがあるんです。

農薬をどれだけ使っているかわからないというのは怖いですよね。

どれだけの農薬を使っているかわからない以上、無農薬で作られたものじゃないと信用することは難しいでしょう。

化学肥料を使っているか

化学肥料に関しても、使いすぎると土にいる微生物のエサが無くなります。それにより、微生物がいない、言わゆる“死んだ土”になってしまうんです。

微生物は動いたり、呼吸したりすることで土を柔らかくしています。

死んだ土には微生物がいないので土は硬い状態。そんな状態だと、植物の根が張りづらく、栄養を吸収しにくくなるという悪循環が生まれてしまうんです。

そのため、栄養が足りていない質の悪いものができあがってしまいます。そんな質の悪い物を青汁に入れて欲しくないですよね?

そのため、化学肥料にも注意が必要となっています。

原材料の産地はどこか

青汁で使われる野菜の産地も重要なポイントです。

海外の野菜を輸入する際、日本に外来種の虫を入れないように、薬を散布している場合があります。

もちろん、日本に輸入される時には、品質検査をして安全な野菜しか入ってきませんが、国産の野菜でしたら、そもそも薬を散布されません。

そのため、薬品を使っていない国産の野菜のほうが、安全性が高いといえますね。

添加物のチェックも忘れずに

安全と言われている添加物でも、妊婦さんやお年寄りにとっては安全ではない場合もあります。

例えば、甘味料の「アステルパーム」には、胎児の知能障害を引き起こす可能性があるので、注意が必要!

このように添加物って、大人にとっては何も心配がなくとも、赤ちゃんにとっては有害な可能性な時があるんです。

そのため、添加物が含まれていない青汁なら、安心して飲むことができるでしょう。

無農薬=安全と決めつけるのはちょっと待って!

無農薬で作られたものは安全性が高くはなっていますが、必ずしも安全とは限らないんです。いったいそれはどうしてなのでしょうか?真相を解明していきましょう!

無農薬野菜と書くと違法になる!?

無農薬野菜って言葉を最近見たことがありますか?

実は無農薬野菜という表記、農林水産省から禁止されているんです。

しかし、使っても罰則がないため未だにその表記をしている商品やスーパーなどがあります。

もし、無農薬野菜と書かれている商品見つけたら、その商品は農薬の事をわかっていないということになるので注意が必要です。

また、無農薬野菜と書いてはいけない理由は無農薬野菜の栽培方法にあります。

無農薬栽培にはからくりがあった!?真実を知ろう!

無農薬の野菜と聞くと

「全く農薬を使わないで作られた野菜」

と思いませんか?
実はこの考え、少々間違っているんです。無農薬野菜というのは、“野菜を育てている期間中に農薬を使わない事”を言います。

野菜を育てていない期間中、土に化学肥料や農薬を撒いていても良い事になっているんです。

そのため、無農薬栽培=全く農薬を使っていないというわけではありません。

有機栽培のほうが無農薬栽培よりも安全!?

無農薬は作物がない時には土に使っても良いとされていましたね?

しかし有機栽培だと、土にも農薬や化学肥料を使ってはいないんです。

完全に農薬を使わないで作物を育てている有機栽培のほうが、安全度は高いってことになりますね。

ふるさと青汁はどんな商品?農薬は使っている?

農薬について長々と説明しましたが、気になるのは、ふるさと青汁には農薬や添加物は使われているかという事ですよね。

ここでは、ふるさと青汁の特徴と安全性についてご説明していきます。

明日葉を丸ごと使用!先から根っこの先まで

ふるさと青汁の特徴は“明日葉を丸ごと使っている”ことです。

言葉通りの意味で、明日葉の葉っぱ・茎・根っこの全てを使っています。

実は、明日葉を丸ごと使っている青汁って、ふるさと青汁しかありません。それほどまでにふるさと青汁は、明日葉にこだわりを持っているんですね。

しかし、なぜそれほどまでに明日葉に、こだわりをもっているのでしょう?その秘密は明日葉の成分『カルコン』にあります。

カルコンにはいろんな作用があり、

  • 血糖値の上昇を抑える
  • むくみの解消
  • 便秘の改善
  • 美肌効果
  • アンチエイジング効果

などがあります。

これだけの効果があるカルコンを、ふるさと青汁は重要視しているから、明日葉にこだわりをもっているんですね。

そのため、カルコンを少しでも多くふるさと青汁に入れようと、明日葉を丸ごと使っていたんです。

国産の野菜を使っているので農薬の心配なし!

ふるさと青汁は、国産の野菜のみを使って作られています。どの野菜も有機栽培で作られているので、農薬の心配はありません!そのため安心な商品と言っていいでしょう。

品質の高さは他にも理由があり、それはGMP認可工場で作られているということ。

GMP認可工場として認められることは簡単なことではありません。

  • 製造工程の人為的なミスの防止
  • 汚染・品質低下の防止
  • 全製造工程で一定以上の品質の確保

を3原則としています。
これ以外にも衛生管理・原材料の品質・異物混入がないかなどを人為的、もしくはセンサー等の機械で厳しくチェックをしています。

これだけの管理がされていないとGMP認可工場にはなれないんです。そんな工場で作られているふるさと青汁なら、品質の高さは全く問題ないでしょう。

また、添加物も一切使っていないことも安心できる点ですね。

価格はいくらで販売されているの?

明日葉を丸ごと使っていて、有機栽培で作られたふるさと青汁ですが、これだけ聞くと相当価格が高そうに感じますよね?

しかし、ふるさと青汁は1箱30包入りで税込4,104円という、破格の値段で販売されています。1杯あたり137円で飲むことができるってすごくないですか?

そこまで価格を抑えている代わりといっては何ですが、通販限定での販売となっています。

そのため、スーパーやドラッグストアでは販売されていませんので、付近のお店では購入できませんので注意が必要ですよ。

また、今なら公式サイトで初回限定の人にはなりますが、2週間分の無料サンプルをもらえちゃいます。

これはふるさと青汁を始めるなら、今がチャンス!ってことですね!

まとめ

ふるさと青汁は、安全な青汁を選ぶ4つの基準

  • 農薬を使っていないか
  • 化学肥料を使っていないか
  • 国産の物を使っているか
  • 添加物は使われていないか

を全てクリアしている安全な青汁です。
さらに、GMP認可工場で作られているため、品質の高さは間違いなし!

さらに、今ふるさと青汁を始めると、2週間分の無料サンプルをもらう事ができて、大変お得となっています。

青汁生活を始めたい!そう考えているあなたにとって、ふるさと青汁はおすすめな商品。ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

-ふるさと青汁

Copyright© おいしい青汁ランキング!みんなが選ぶ青汁はコレ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.