おいしい青汁決定戦!各青汁の紹介、比較コンテンツを掲載しています。自分に適した青汁を見つけましょう。

おいしい青汁ランキング!みんなが選ぶ青汁はコレ

比較ランキング

糖尿病になったら青汁がオススメ?驚くべき健康効果で毎日にっこり!

投稿日:2017年10月11日 更新日:

みなさんの中に

「甘いもの大好き!」
「ラーメンが好きで週3日は食べてます!」

なんて人、いませんか?
糖分や炭水化物が好きな人が、一番に気を付けなければいけない血糖値。放っておくと有名な『糖尿病』につながってしまいます。

糖尿病は脳卒中や心筋梗塞など比べると、大したことないなんてよく思われますが、実は年間1万人を超えるほどの、儒秒なんです。

しかも、糖尿病には自覚症状がないため、気づかずに過ごしている人も多く、“糖尿病予備軍”は何と日本人の6人に1人といわれています。

それほどまでに危険が多い『糖尿病』。なるべく予防していきたいと思いませんか?

実は糖尿病は青汁で予防・改善していくことができるんです。

今回は、健康にいい飲み物といわれる青汁の魅力を紹介していきたいと思います。

そもそも糖尿病って何だろう

糖尿病、なんて一言で言いますがどのように発症して、どんなリスクが高まるか知っている人って少ないと思います。

そこでまずは、現代社会に迫る糖尿病の脅威について、みなさんと一緒におさらいしていきましょう。

意外に多い!?糖尿病はみなさんのすぐそばに潜んでいる!

糖分って私たちが活動するときのガソリンのような役割を果たしていますが、摂りすぎると血液中に糖質がたくさんある状態を、作りやすくなってしまいます。

そのため、血糖値が高くなってしまうと、さまざまな症状が起きてしまうんです。

血糖値が高いと様々な症状を引き起こす!

血糖値が高いと病気になりやすいなんて言われますが、特に

  • 糖尿病
  • 神経障害
  • 手足のしびれ
  • 脳卒中
  • 動脈硬化

などの病気のリスクが高まってしまいます。
この中でもダントツで多いのが、『糖尿病』です。これだけ“ヤバイ”なんていわれている糖尿病ですが、ほとんどの方が糖尿病になったことにすら気づきません。

糖尿病とは

糖尿病とは血糖値が高い状態が続いてしまい、さまざまな臓器に障害を起こしてしまう病気のことです。

そのため、すい臓が作るインスリンというホルモンが出なくなってしまうため、起こってしまいます。

糖尿病のメカニズム

  1. 食事などで糖質や炭水化物を大量に摂り、血糖値が上昇します
  2. すると血糖値を一定に保つため、すい臓がインスリンというホルモンを分泌して血糖値を下げようとします
  3. さらに糖質の多い食事を繰り返し、そのたびにすい臓が稼働してしまいます
  4. すい臓に負担がかかりすぎてしまい、インスリンを分泌する機能が低下します
  5. 血糖値が下がらなくなり、糖尿病予備軍(境界域糖尿病)に・・・
  6. さら糖質たっぷりの食事を続けてしまう
  7. すい臓の機能低下が進み、インスリンが分泌されなくなってしまいます
  8. 糖尿病になってしまう

こうしてみると、自覚症状や自覚症状はなく、気づきにくいと思いませんか?そのため、糖尿病に気づかず、症状が悪化しやすいので注意が必要なんです。

つまり、異常なほどにのどが渇く、尿に甘い匂いがする症状が出るようになったら時すでに遅し。糖尿病の可能性があるんです!

自力で血糖値を抑えたい!そのために必要なコトって何?

そんな身近に潜む糖尿病を予防するためには、『とにかく血糖値の上昇を抑える』ことが重要になります。

つまり、

  • 野菜中心の生活を心がける
  • 運動してたくさんの糖質を消費する

といった2つのことが大切なんですよ。
しかし、今の日本って和食よりも洋食や中華のメニューが普通になり、なかなか野菜を摂るタイミングがない、『野菜不足』の状態に陥っています。

「野菜の栄養を気軽に摂ることができれば・・・」

そう思いますよね。
実は手っ取り早く野菜の栄養を摂ることができるものがあるんです!

手っ取り早く血糖値を下げるなら青汁はかなりオススメ!

そもそも血糖値が上がってしまう1番の原因は、『甘いものや炭水化物』の摂りすぎです。

つまり、甘いものや炭水化物を摂るのを控えれば、血糖値は上がることはありません。

本気で血糖値を下げたいと思っている方は、糖質が少ない野菜中心の生活へ切り替える必要があるんです。また、適度な運動も必要になってきますよね。

しかし、

「いきなりそんなこと言われてもやってられない!面倒!」

なんて思う方も多いと思います。そこでオススメなのが青汁なんです!

青汁が糖尿病の予防や改善に効果を発揮する理由って何?

青汁はビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれているだけではなく、糖質がほとんど含まれていないため、健康促進に役立てることができます。

そのため、糖尿病で悩む方のサポート飲料としてだけではなく、血糖値が気になる糖尿病予備軍にも効果的なんですよ。

青汁が糖尿病の予防に効果がある理由はコレだ!

そんな青汁に含まれる、糖尿病の予防や改善に力を発揮する理由を見ていきましょう。

食物繊維 血液中の糖を体外に運び出して血糖値を下げる
バランスがよく、豊富な栄養素 食事制限をしながら、体に必要な栄養素をバランスよく摂れる
糖質が少ない 青汁を糖質の多いお菓子や清涼飲料の代替にするとヘルシーになる

原料はどんなものを選べばいいの?

そんな栄養良し!糖質低し!な青汁は、いろいろな商品が販売されていますが、大きく分けて4つの原料から作られることが多いです。

自分に合った原料が使われた青汁で、糖尿病を予防していきませんか?

大麦若葉

大麦若葉は食物繊維の量が群を抜いて多い食材です。ビタミンやミネラルもバランスよく、豊富に含まれているため、栄養バランスも整っています

しかも、クセがなく飲みやすいため、多くの青汁原料として使われているんですよ

明日葉

明日葉はミネラルや食物繊維の栄養素のバランスに優れていて、特にビタミン群が豊富に含まれています。

さらに特有成分の“カルコン”には、アディポネクチンというホルモンの生産力を上げ、糖の代謝を高め、血糖値を下げることができるんです。

ケール

ケールは独特な臭みや苦みから、“まずい”なんてイメージが根強く残っていますが、『野菜の王様』と呼ばれるほど栄養価が高く、糖尿病の予防に力を発揮してくれます。

桑の葉

栄養バランスも良く、臭みや苦みも少ない桑の葉の、注目してほしい栄養素がDNJと呼ばれるものです。

この栄養は、糖の吸収を緩やかにしてくれる効果があり、食後の血糖値の急上昇や東農尿病の予防に力を発揮してくれます。

糖尿病にオススメの青汁の選び方って何?

青汁の原料にはいろいろあることがわかりましたが、ほかにも糖尿病を予防・改善するために、青汁の選び方にも注意が必要なんです。

これから紹介するポイントをしっかり押さえて、自分にあった青汁を見つけるようにしましょうね。

糖質が少ないものを選ぶようにしましょう

青汁の中には『飲みやすさ』を重視するあまり、人工甘味料がたっぷり詰まっている青汁も販売されています。

血糖値を下げるために青汁を求めているのに、青汁自体に糖質が多く含まれていたら本末転倒ですよね。そうならないためにも、抹茶や煎茶で飲みやすくなっている青汁や、糖質が少ない青汁を選ぶようにしましょう。

『国産100%』の青汁がキモ!

また、青汁って価格の安いものから高いものまで、ピンキリですよね。

「効果があるなら何でもいいじゃん」

なんて思って安い青汁に手をかけようとしたあなた、それは大きな間違いです!

実は青汁の中には、外国産の原料を国内で加工して『国産』表記している商品もあります。

外国産の原料って、日本で禁止している農薬が使っていたり、残留農薬検査があいまいだったりしている可能性があるもの。

そんな怪しさ満点な青汁を続けてしまうと、糖尿病のほかに病気の原因となってしまいますよ。

そうならないためにも、国産原料100%で安心感を持って飲むことができる、青汁を選びましょう。

毎日続けやすい価格は外せません!

青汁は薬のような治療効果はありません。つまり即効性がないため、毎日続けていく必要があります。

そのため、いくら効果が高くてもみなさんの家計を圧迫するような、高い青汁は選ばないようにしましょう。だいたい1杯あたりの価格が100円から、缶コーヒーと同じ値段の青汁がオススメですよ。

糖尿病の予防・改善にオススメの青汁はコレだ!

そんな青汁の中でも、特にオススメな青汁を皆さんに紹介したいと思います。

『どんな青汁を選べばいいかわからない!』

なんて思っている方は、まずこの青汁から試してみてはどうでしょうか。

極の青汁

極の青汁はサントリーから販売されている青汁です。サントリーと言えば、多くの飲料品を販売している大手企業の1つ。そんなサントリーが『日本人の野菜不足を真剣に考えて』、極の青汁づくりに取り組んでいます。

そんな極の青汁は、国産の大麦若葉と明日葉の2つを主原料として使っており、原料調達の段階から、担当者が直接現地に足を運び、栽培状況や品質を確認するほど、徹底した管理を行っているんです。

更に製品に加工する工場でも、国が定める以上の品質基準を設け、高品質の青汁づくりに力を入れています。

また、極の青汁には野菜ポリフェノールの1つで、抗酸化作用や成人病の予防にも繋がる『ケルセチンプラス』を独自配合することで、野菜の力を効率よく吸収できているんですよ。

その上、飲料メーカーならではのこだわりが、極の青汁の『味』です。健康のために毎日飲むことを考えて、サントリーは極の青汁に宇治煎茶や愛知県産抹茶を配合し、日本茶の様な味わいを再現しています。

そのため、毎日おいしく飲みながら栄養をしっかり摂れる青汁に仕上がっているんです。

極の青汁の特徴と価格まとめ

内容量 通常サイズ 30包(約10日~30日)
徳用サイズ 90包(約30日~90日)
価格 通常サイズ 3,600円+税(定期コース 3,240円+税)
徳用サイズ 9,000円+税(定期コース 8,100円+税)
1日当たりの価格 通常サイズ 120円(定期購入 108円)
徳用サイズ 100円(定期購入 90円)
特徴 ・国産原料を高品質の青汁として加工
・ケルセチンプラスを独自配合
・日本茶の様な味わいで毎日続けやすい!
主原料 ・大麦若葉(熊本県阿蘇産)
・明日葉(鹿児島県屋久島産)
・抗酸化ルチン(ケルセチンプラス)
味(飲みやすさ) 抹茶風味(かなり飲みやすい)

ヘルスマネージ大麦若葉

鷲のマークで有名な、大正製薬が販売している青汁が、ヘルスマネージ大麦若葉青汁です。

ヘルスマネージ大麦若葉青汁には、国産で無農薬と質の良い大麦若葉だけを使っているので、安心して飲むことが出来ます。

更にこの青汁って健康効果だけではなく、味も非常においしく仕上がっているんです。大麦若葉に抹茶をブレンドすることで、緑茶の様なさっぱりした味わいを実現しています。

更に血糖値かコレステロールの2種類が販売されているため、自分に合った青汁を選ぶことも可能です。

目的に合わせて選びましょう
  • 血糖値を下げたい方には『ヘルスマネージ大麦若葉青汁難消化デキストリン』
  • コレステロール値を下げたい方には『ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン』

ヘルスマネージ大麦若葉青汁の特徴と価格まとめ

内容量 30包(約10日~30日分)
価格 通常価格 3,800円+税
定期購入価格 3,420円+税
1日当たりの価格 127円(定期購入
特徴 ・特定保健用食品(トクホ)の青汁
・大正製薬が自社実験で効果を確認済み
・難消化デキストリン配合で頑固な便秘にも効果アリ!
・キトサン配合でダイエットにも効果的
・解約に制限がありません
主原料 【大麦若葉青汁難消化デキストリン】
・大麦若葉(九州産)
・難消化デキストリン【大麦若葉青汁キトサン】
・大麦若葉(九州産)
・キトサン(カニ由来)
味(飲みやすさ) 緑茶風味(ややクセがあります)

ふるさと青汁

ふるさと青汁は、マイケアから販売されている、明日葉メインの青汁です。

栄養バランスが良く、特にビタミンを豊富に含む明日葉は、カルコンと呼ばれるデトックス効果や美容効果に役立つポリフェノールを多く含んでいる、日本原産の葉野菜。

ふるさと青汁はそんな明日葉を葉っぱから根っこまで、文字通り“丸ごと”使っている青汁なんですよ。

更にクセの少ない国産の大麦若葉や桑の葉も加えることで、抹茶風味で飲みやすい青汁に仕上がっています。

そんなふるさと青汁は、GMP認定工場でいくつもの検査だけではなく、目視や味、香りや真剣さなど厳しい検査をこまめに行い、安心して飲める青汁づくりに力を入れているんですよ。

その品質の高さは、マタニティマークとタイアップできるほど、高品質の青汁として完成されています。

ふるさと青汁の特徴と価格まとめ

内容量 30包(約1カ月分)
価格 単品購入 3,800円+税
定期コース 3,420円+税
1日当たりの価格 127円(定期コース 114円)
特徴 ・明日葉を丸ごと使用
・マタニティマークとタイアップしている
主原料 ・明日葉(東京都八丈島産)
・大麦若葉(熊本県・大分県産)
・桑の葉(島根県産)
味(飲みやすさ) 抹茶風味(ややクセがあります)

まとめ

身近な成人病として、食生活が偏る皆さんに迫っている『糖尿病』。

糖尿病って食事の制限が厳しくなるし、放っておくと重大な病気のリスクが高くなるので、できることならなりたくはないですよね。

しかし、初期症状や自覚症状がないため、気が付いたら糖尿病に・・・なんてこともあり得る話。そうならないためにも、野菜の力がギュッと詰まった青汁を飲んで、野菜の栄養をしっかり摂る必要があります。

糖尿病になって好きなものが食べれなくなる前に、青汁で糖尿病の脅威から逃れましょう!

-比較ランキング

Copyright© おいしい青汁ランキング!みんなが選ぶ青汁はコレ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.