おいしい青汁決定戦!各青汁の紹介、比較コンテンツを掲載しています。自分に適した青汁を見つけましょう。

おいしい青汁ランキング!みんなが選ぶ青汁はコレ

比較ランキング

アトピーに青汁は効果絶大?アトピーに悩む人の青汁選びのポイントはココ!

投稿日:

「えっかゆい!」

いつの間にか湿疹やかゆみを繰り返し起きてしまう、アトピー性皮膚炎。きっとアトピーを持っている方は、毎日つらい思いをしているはず。しかもアトピーって、いまだに正確な治療法が確立されていない厄介な存在です。

そんな皆さんの厄介者、アトピーはステロイドによる対処療法がメインですが、ステロイドは長期間の使用には向いていませんし、根本的な解決になりません。

そんな中、アトピーを改善できるかもしれないと、話題になっているのが『青汁』なんです!

キーワードはずばり、『免疫力』。

今回は、そんな青汁とアトピーの改善方法の関係を、みなさんに紹介していきたいと思います。

アトピーって何が原因なの?

みなさんも子供のころ、腕や足がかゆくなって病院に行ったら、アトピーの診断を受けた経験ってあると思います。

しかし、そもそもアトピーって何が原因なのか、知らない方も多いはず。そこでまずは、アトピーについて大解剖しちゃいましょう。

アトピー性皮膚炎のメカニズム

アトピー性皮膚炎はアレルギーの1種で、主に小児期に発症することが多い、かゆみの強い慢性的な湿疹です。

体には人体に影響を与える病原菌(アレルゲン)が体に侵入したとき、それを排除するための抗体が備わっています。

しかし、アレルギー体質の人はこの抗体の働きが過剰になってしまうため、人体には無害な物質にまで反応して排除しようとするために、湿疹やかゆみが起きてしまうんです。

これが、アトピー性皮膚炎が起きるメカニズムになります。

アトピーは何がきっかけで起きてしまうの?

ただし、これは原因の一つにつきません。
実はほかにも、アトピー性皮膚炎の原因って色々あるんですよ。

体質面での原因

アトピー素因

アレルギーを起こしやすい体質。例えば、猫アレルギーとかですね。

ドライスキン

皮膚が乾燥しやすい体質の方を指します。

環境面での原因

アレルギー素因

アレルギーを引き起こす因子のこと。アレルゲンとも呼ばれます。代表的なものは花粉や食べ物が多いです。

アレルギー的因子以外のもの

摩擦による刺激や汗、加賀物質の刺激やストレスによる心身の負担などが挙げられます。

 

こうしてみてみると、アトピーの原因って意外にたくさんあって、検査をしても原因がはっきりしていないケースが多いんですよね・・・。

アトピーになるとどんな症状が起きるの?

そんなアトピーって、実は年齢によって症状が異なってくるもの。そこで、それぞれの年代にどのような症状が起きるのか、簡単にまとめてみました。

乳児期に見られる症状

赤っぽい紅斑や炎症が顔や手足、胴体などに見られ、血のような水っぽい液体が頻繁に出ます。

幼児期に見られる症状

首や手足の関節部などに、乾燥したかゆみのある湿疹や水膨れが現れます。

思春期以降に見られる症状

全身、特に顔面や首、胸元や背中に紅斑や丘疹と呼ばれる、ぶつぶつの隆起といった症状が強く現れます。

また、黒ずんだごわごわのアトピー肌になることが多く、強いかゆみを感じるため、ひっかき傷などができやすくなるんです。

さらに目の周りに強い症状が出た場合には、網膜剥離やアトピー性白内障といった、病気を引き起こす危険性もあります。

 

こうしてみるとわかりますが、赤ちゃんや幼児の時よりも、大人になってからのほうがアトピーって陰刻な問題になりやすいんです。

『たかがアトピー』って放っておかずに、『もしかしてアトピーかも・・・』と思ったらすぐにお医者さんに診断してもらうようにしましょう。

アトピーは予防ができる症状です

早いうちにお医者さんに診てもらうことが大事なアトピーですが、原因にかかわらず清潔な生活環境とバランスのとれた食生活を送ることが、アトピー改善の第一歩につながるんです。

こまめな掃除や換気を行って清潔な環境づくりを心がける、洗浄・保湿などのスキンケアを行う、毎日の食生活を見直すなどといったことを行うようにしましょう。

特に食生活は、毎日の仕事に忙しい方や一人暮らしの方は乱れやすいもの。アトピー改善に良い栄養をしっかり摂って、アトピーを予防・改善していきましょう!

アトピーの改善に良い栄養素一覧

栄養素

働き

ビタミンA 皮膚の健康に欠かせない栄養素。粘膜の機能を正常に保ちます
ビタミンB群 不足すると肌荒れや口内炎など、皮膚や粘膜のトラブルの原因に!
ビタミンC 肌弾力にかかわるコラーゲンの生成をサポートします。さらに抗酸化作用もあり、皮膚の老化を防いでくれるんです。
ビタミンE ビタミンCと同様に、酸化を防ぎ健康な肌を作ります。
赤血球の一部で、酸素を運びます。不足すると、ニキビやシミなどの肌トラブルを引き起こすんです。
亜鉛 皮膚細胞の分裂を促します。不足すると、アトピーや肌荒れといった、トラブルの元に!
ラクトフェリン 腸内環境を整え、免疫力を高めてくれます。腸の免疫機能が低下すると、アトピーなどの肌荒れを招いてしまうんです。

アトピーに青汁は効果絶大?どんな青汁を使うといいの?

そんなアトピーの予防や改善を行う上で一番の近道になるのが、やはり体質の改善や免疫力を高めることです。アレルギーを引き起こすアレルゲンが判明している人は、徹底してアレルゲンを避けることは重要なポイント。

そして、最も重要なポイントになってくれるのが、免疫機能の低下なんです。

アトピー改善のキーポイントは『最大の免疫器官』の強化!

皆さんは、免疫細胞の6割以上が腸に存在しているって知っていましたか?実は腸内環境が悪くなってしまうと、免疫力が低下してしまい、アトピーの原因につながってしまうんです。

逆に考えると腸内環境を整えるだけで、体全体の免疫力アップにつながります。つまり、腸内環境を整える食生活を心がけるだけで、簡単にアトピーの予防ができるんです。

しかし、皆さんのなかには、一人暮らしの方や仕事で忙しい方など、ついつい食生活が偏ったり、乱れたりすると思います。

そんな皆さんにオススメなのがずばり!青汁なんです。

青汁にはアトピーの改善効果が高い栄養がいっぱい!

実は青汁に使われていることの多い、『大麦若葉・明日葉・ケール・桑の葉』には、先ほど紹介した免疫力を高めるビタミンをはじめ、ミネラルや食物繊維などがバランスよく、そして豊富に含まれています。

栄養バランスが良く、さらにコップ1杯で気軽に補うことができる青汁は、アトピー改善に効果絶大なんですよ。

アトピーに効果的な青汁はどんなものを使うといいの?

そんな青汁ですが、『苦い!青臭い!』なんてイメージが根強く残っている、健康食品だと思います。

しかし、今の青汁って昔と違って、おいしく飲みやすい商品も販売されているんですよ。その中から、自分の目的に合った青汁はなかなか難しいはず・・・。

そこで、特に注目してほしいポイントを、みなさんに紹介していきましょう。

原料には要注意!

青汁を選ぶうえで、もっとも注目してほしいポイントが原料です。今販売されている青汁の多くは、クセがなく飲みやすい大麦若葉が主流になっています。

しかし、栄養面のことを考えると、ほかの原料もいいところはいっぱいあるんです。その魅力に気づくためにも、それぞれの原料の特徴や飲みやすさを見ておいて損はありませんよ。

大麦若葉
栄養成分の特徴 ・食物繊維が原料の中でトップ!
・SOD酵素
・栄養バランスの良さ
・3大栄養素も入っている!
飲みやすさ かなり飲みやすい
明日葉
栄養成分の特徴 ・カルコン
・クマリン
・ビタミン群が豊富
飲みやすさ 若干クセがあります
ケール
栄養成分の特徴 ・緑黄色野菜の王様と呼ばれるほどの栄養価の高さ
・ルテイン
・メラトニン
飲みやすさ 『苦い!もう一杯!』のイメージはこの青汁からつきました
桑の葉
栄養成分の特徴 ・豊富な栄養素

・DNJと呼ばれる特有成分

飲みやすさ 飲みやすい

基本的には、大麦若葉や明日葉がアトピー改善に効果的かと思いますが、ケールや桑の葉も捨てがたいですよね。

青汁商品の中には、複数の原料を使って作られているものもあるので、一緒に見ておくとより、自分に合った青汁を見つけやすいと思いますよ。

さらに原料の産地は見ておきましょう

健康のために飲むものですので、安心感のある青汁を飲みたいはず。そのためには青汁原料の産地にも目を向けましょう。

実は青汁商品に限りませんが、原料の表記って結構あいまいで、外国産の原料でも国内で加工してしまえば『国産』と表記していいんです。

外国産の原料は、日本では禁止している農薬を使っているかも・・・。そう考えるとあまり飲みたくないですよね。

そんな心配をしなくてもいいように、青汁を選ぶときには、国産原料と確認できる青汁を選ぶようにしましょうね。

添加物にも注意して!

原料のほかにも、注意しておいて損がないポイントが『添加物の量』です。

実は青汁商品の中には、飲みやすい味を求めて、糖質などの添加物がたっぷり入った青汁もあります。そのため、青汁原料が少なくなってしまい、文字通り『飲んで健康になった気がする』ものも潜んでいるんです。

毎日続けることができる“価格”も大事!

青汁は薬のような即効性はありません。
アトピー改善のためには長い目で、毎日飲み続けることが重要になってきます。青汁は、高ければ高いほど、効果を発揮する!なんてことはありませんが、かといって安すぎる青汁は原料や添加物が不安です。

みなさんのお財布と相談しながら、1杯あたり100円程度の青汁を選ぶようにしましょう。

どうせならおいしく飲みたい!そんな人にオススメな青汁はコレ!

また、毎日続ける青汁ですが、どうせならおいしく飲める青汁で続けていきたいですよね。

そんな『おいしく栄養補給できる青汁が欲しい!』と思う皆さんに、私がオススメする青汁を紹介していきましょう。

青汁選びに迷ったら、まずはこんな青汁から試していきませんか?

極の青汁

極の青汁はサントリーから販売されている青汁です。
サントリーと言えば、多くの飲料品を販売している大手企業の1つ。みなさんも一度はサントリーの飲み物を飲んだことがあると思います。

そんなサントリーが『日本人の野菜不足を真剣に考えて』、極の青汁を完成させているんですよ。

原料に国産の大麦若葉と明日葉の2つを使い、原料は担当者が直接産地に足を運んで、栽培状況や品質を確認するほど、徹底した管理を行っています。

更に製品に加工する工場でも、国が定める以上の品質基準を設け、高品質の青汁づくりにこだわっているんです。

また、極の青汁には野菜ポリフェノールの1つで、抗酸化作用や成人病の予防にも繋がる『ケルセチンプラス』を独自配合することで、野菜の力の底上げをしています。

その上、飲料メーカーならではのこだわりが、極の青汁の『味』です。健康のために毎日飲むことを考えて、サントリーは極の青汁に宇治煎茶や愛知県産抹茶を配合し、日本茶の様な味わいを再現しています。

そのため、毎日おいしく飲みながら栄養をしっかり摂れる青汁に仕上がっているんですよ。

極の青汁の特徴と価格まとめ

内容量 通常サイズ 30包(約10日~30日)
徳用サイズ 90包(約30日~90日)
価格 通常サイズ 3,600円+税(定期コース 3,240円+税)
徳用サイズ 9,000円+税(定期コース 8,100円+税)
1日当たりの価格 通常サイズ 120円(定期購入 108円)
徳用サイズ 100円(定期購入 90円)
特徴 ・国産原料を高品質の青汁として加工
・ケルセチンプラスを独自配合
・日本茶の様な味わいで毎日続けやすい!
主原料 ・大麦若葉(熊本県阿蘇産)
・明日葉(鹿児島県屋久島産)
・抗酸化ルチン(ケルセチンプラス)
味(飲みやすさ) 抹茶風味(かなり飲みやすい)

ふるさと青汁

ふるさと青汁は、マイケアから販売されている、明日葉メインの青汁です。

栄養バランスが良く、特にビタミンを豊富に含む明日葉は、カルコンと呼ばれるデトックス効果や美容効果に役立つポリフェノールを多く含んでいる、日本原産の葉野菜。

ふるさと青汁はそんな明日葉を葉っぱから根っこまで、文字通り“丸ごと”使っている青汁なんですよ。

更にクセの少ない国産の大麦若葉や桑の葉も加えることで、抹茶風味で飲みやすい青汁に仕上がっています。

そんなふるさと青汁は、GMP認定工場でいくつもの検査だけではなく、目視や味、香りや真剣さなど厳しい検査をこまめに行い、安心して飲める青汁づくりに力を入れているんですよ。

その品質の高さは、マタニティマークとタイアップできるほど、高品質の青汁として完成されています。

ふるさと青汁の特徴と価格まとめ

内容量 30包(約1カ月分)
価格 単品購入 3,800円+税
定期コース 3,420円+税
1日当たりの価格 127円(定期コース 114円)
特徴 ・明日葉を丸ごと使用
・マタニティマークとタイアップしている
主原料 ・明日葉(東京都八丈島産)
・大麦若葉(熊本県・大分県産)
・桑の葉(島根県産)
味(飲みやすさ) 抹茶風味(かなり飲みやすい)

健康道場 粉末青汁

サンスターから販売されている、健康道場の粉末青汁は、緑黄色野菜の中でも特に栄養価が高い、国産の原料を5つに厳選して使っているため、1杯飲むだけで野菜の栄養を補うことが出来ます。

また、保存料や着色料を一切使わず、水に溶けやすくするつなぎとなるデンプンなども一切入っていないため、添加物に悩む妊婦さんでも安心して青汁を飲むことが出来るんですよ。

粉末青汁の特徴と価格まとめ

内容量 30包(約1カ月分)
価格 単品購入 4,500円+税
定期コース 4,050円+税
1日当たりの価格 150円(定期コース 135円)
特徴 ・国産原料を5つに厳選
・1杯あたりの量がスゴイ!(1包10g)
・添加物一切なし!
主原料 ・ブロッコリー(宮崎県産、鹿児島県産など)

・ケール(宮崎県産、大分県産など)

・大麦若葉(福岡県産、大分県産など)

・明日葉(東京都八丈島産)

・モロヘイヤ(島根県産)

味(飲みやすさ) 抹茶風味(ややクセがあります)

まとめ

アレルゲンが主な原因の一つですが、何が原因で引き金になるかわからないアトピー性皮膚炎。

そんなアトピーは、アレルゲンを徹底的に避けるだけではなく、毎日の生活から見直さなければいけません。特に現代に生きる皆さんの多くが悩む、『野菜不足』。

ビタミンやミネラルが不足してしまい、さらなるきっかけを生み出さないためにも、青汁で気軽に野菜不足を解消していきませんか?

どんな青汁がいいわからない、なんて思っている方はぜひ、私がオススメする青汁から試してみてくださいね。

-比較ランキング

Copyright© おいしい青汁ランキング!みんなが選ぶ青汁はコレ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.